« 造反、鳩山グループでも…首相自ら説得の電話 | トップページ | 東シベリア油田を日露共同開発、日本権益49% »

2012年6月23日 (土)

「不信任案、可決させる選択肢も」安倍元首相

自民党の安倍元首相は22日のBS朝日の番組収録で、民主党の小沢一郎元代表が新党を結成し、野田内閣の内閣不信任決議案を衆院に提出した場合の対応について、「1日も早く民主党政権を終わらせるために、可決させるという選択肢もある」と述べ、自民党として賛成を検討すべきとの考えを示した。

 社会保障・税一体改革関連法案の成立前に不信任案が提出された場合も、「(民主、公明両党との)3党合意はあるが、合意について信頼するに値しないという判断をするに至れば、当然、不信任案に賛成する」と語った。

(2012年6月22日22時40分 読売新聞)

|

« 造反、鳩山グループでも…首相自ら説得の電話 | トップページ | 東シベリア油田を日露共同開発、日本権益49% »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「不信任案、可決させる選択肢も」安倍元首相:

« 造反、鳩山グループでも…首相自ら説得の電話 | トップページ | 東シベリア油田を日露共同開発、日本権益49% »