« 内閣改造:防衛相に森本敏・拓殖大大学院教授を起用 | トップページ | 世界の雑記帳:「会社のトイレを全て和式に」、野村HDの株主が珍提案 »

2012年6月 4日 (月)

オウム:菊地容疑者 偽名を使って介護施設で働く

毎日新聞 2012年06月04日 10時33分(最終更新 06月04日 13時15分)

逮捕された元オウム真理教信者の菊地直子容疑者が潜伏していた家=相模原市緑区城山で2012年6月4日午前10時45分、本社ヘリから撮影
逮捕された元オウム真理教信者の菊地直子容疑者が潜伏していた家=相模原市緑区城山で2012年6月4日午前10時45分、本社ヘリから撮影

 地下鉄サリン事件の特別指名手配から丸17年を経過して逮捕されたオウム真理教の元信者、菊地直子容疑者(40)。06年ごろから男と同居し、「櫻井千鶴子(さくらい・ちづこ)」の偽名を使って介護施設で働くなど、逃亡生活の一端も明らかになりつつある。昨年末に警視庁に出頭し逮捕、起訴された平田信被告(47)がマンションで身を潜めていたのとは対照的で、身分を隠しながら社会に溶け込んでいた姿が浮かび上がる。警視庁は教団の組織的な支援の有無の確認を急ぐ。

 菊地容疑者をかくまったとして犯人蔵匿容疑で逮捕された自称会社員、高橋寛人容疑者(41)は「自分はオウムとは関係ない」と供述。菊地容疑者の潜伏生活について、最も状況を知る人物とみられるだけに、警視庁は4日午後から改めて詳しく事情を聴く方針。

 一方、菊地容疑者は「サリン生成に関わった」とする上申書を提出。菊地容疑者はサリンの実験器具の購入を担当し、実験工程をノートにまとめる役割を果たしたとみられており、警視庁はサリンがどのような経緯で作られたか、菊地容疑者の証言をもとに改めて確認を進める。

菊地容疑者は出会った当時から「櫻井千鶴子」と名乗っていたといい、知り合って半年後、高橋容疑者が結婚を申し込んだ際、初めて素性を明かし結婚を断ったという。

 2人が暮らしていたのは相模原市緑区の一軒家で、高橋容疑者名義で借りていたとみられる。以前に住んでいた人によると、倉庫の一部を改造したような造りの貸家だという。最近では、ごみ捨て場の掃除当番もこなし、近くのコンビニで買い物をする姿もたびたび近所の住民に目撃されていた。

 菊地容疑者の足取りは▽95年6月ごろに千葉県市川市内▽同年10月ごろには名古屋市内▽96年11月まで埼玉県所沢市内−−などの拠点に潜伏していたことが判明している。林泰男死刑囚(54)や、依然として逃走を続ける高橋克也容疑者(54)ら信者と行動をともにしていたことが確認されているが、その後の行方は分かっていない。【高橋和夫、山田麻未、宗岡敬介】

関連記事

|

« 内閣改造:防衛相に森本敏・拓殖大大学院教授を起用 | トップページ | 世界の雑記帳:「会社のトイレを全て和式に」、野村HDの株主が珍提案 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オウム:菊地容疑者 偽名を使って介護施設で働く:

« 内閣改造:防衛相に森本敏・拓殖大大学院教授を起用 | トップページ | 世界の雑記帳:「会社のトイレを全て和式に」、野村HDの株主が珍提案 »