« 第25回記念大会でっかいどうオホーツクマーチ(北見大会30km) | トップページ | 一体改革:民主と自民が合意へ 対案修正で折り合う »

2012年6月15日 (金)

遅咲き桜:チシマザクラ咲き始め 北海道・旭岳

毎日新聞 2012年06月15日 00時09分(最終更新 06月15日 01時09分)

開花を始めた旭岳のチシマザクラ=横田信行撮影
開花を始めた旭岳のチシマザクラ=横田信行撮影

 北海道内最高峰の大雪山系・旭岳(2291メートル)のロープウエー山ろく駅の駐車場そばで、日本一遅咲きのサクラとして知られている30株余りのチシマザクラが咲き始めた。

 旭岳ロープウェイによると、今月上旬に開花し、14日現在、5分咲き。旭岳周辺は例年より雪が少なく、4月以降の好天で雪解けが進み、開花も例年より早めだった。今週末が見ごろで、20日ごろまで楽しめるという。

 5合目の姿見駅付近では薄黄色のキバナシャクナゲなどの高山植物が見ごろとなっている。【横田信行】

|

« 第25回記念大会でっかいどうオホーツクマーチ(北見大会30km) | トップページ | 一体改革:民主と自民が合意へ 対案修正で折り合う »

環境・自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遅咲き桜:チシマザクラ咲き始め 北海道・旭岳:

« 第25回記念大会でっかいどうオホーツクマーチ(北見大会30km) | トップページ | 一体改革:民主と自民が合意へ 対案修正で折り合う »