« ノーサイドの思い変わらない…両院議員懇で首相 | トップページ | 暴力団がインターホンで名乗ると駐車場無償 »

2012年6月20日 (水)

橋下市長、御堂筋「シャンゼリゼ」化作戦を検討

大阪市の橋下徹市長が、メーンストリート・御堂筋のにぎわい作りのため、沿道のオフィスビル1階にカフェやブランドショップなど商業テナントが入居した場合、ビルの固定資産税を軽減する優遇策を検討していることがわかった。

 集客施設を積極的に誘致し、パリ・シャンゼリゼ通りのような「歩いて楽しいストリート」にしたい考えだ。

 梅田と難波を結ぶ御堂筋(約4キロ)の沿道には、大手銀行や生保会社などのビルが並ぶ。ただ、1階部分は銀行窓口や会社事務所が多く、夜間や休日には人通りが少なくなるなど、「にぎわいに欠ける」と指摘されていた。

 市によると、市街地活性化の固定資産税優遇策は、浜松市や埼玉県志木市などで1階部分に店舗を置く建物の新築、増築の場合に5年間、軽減しているケースがあるという。

(2012年6月20日16時17分 読売新聞)

|

« ノーサイドの思い変わらない…両院議員懇で首相 | トップページ | 暴力団がインターホンで名乗ると駐車場無償 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 橋下市長、御堂筋「シャンゼリゼ」化作戦を検討:

« ノーサイドの思い変わらない…両院議員懇で首相 | トップページ | 暴力団がインターホンで名乗ると駐車場無償 »