« 世界の雑記帳:ブルガリアの博物館で「吸血鬼」の遺骨公開へ、100体以上発見 | トップページ | 大阪・通り魔:法相「満期出所者のフォロー制度が課題」 »

2012年6月12日 (火)

丹羽駐中国大使:尖閣発言で超党派議連が更迭求め決議へ

毎日新聞 2012年06月12日 19時01分

 超党派の「日本の領土を守るため行動する議員連盟」(山谷えり子会長)は12日、国会内で総会を開き、英紙のインタビューで東京都による尖閣諸島購入計画を批判した丹羽宇一郎駐中国大使の更迭を求める決議を採択することを決めた。文言など詳細は調整する。

 総会には、自民党やたちあがれ日本など野党に加え、民主党の議員5人を含む約20人が出席した。玄葉光一郎外相が外務省幹部を通じて丹羽氏に注意したことについて「更迭する以外に日本政府のはっきりした意思表明はない」(衛藤晟一参院議員)など、不十分だとする意見が続出。更迭を求めて決議を行うことを決めた。

 また、英紙が1日にインタビューしてから記事が出る7日までの外務省の対応に批判が噴出。北京の日本大使館職員がインタビューに同席していたといい、同省の担当者は「(発言)内容は記事が出るまで北京の大使館から本省に連絡がなかった。不適切な発言で、それが報告されなかったことは問題だ」と北京大使館の対応にも問題があったとの認識を示した。【西田進一郎】

関連記事

|

« 世界の雑記帳:ブルガリアの博物館で「吸血鬼」の遺骨公開へ、100体以上発見 | トップページ | 大阪・通り魔:法相「満期出所者のフォロー制度が課題」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丹羽駐中国大使:尖閣発言で超党派議連が更迭求め決議へ:

« 世界の雑記帳:ブルガリアの博物館で「吸血鬼」の遺骨公開へ、100体以上発見 | トップページ | 大阪・通り魔:法相「満期出所者のフォロー制度が課題」 »