« 中国至宝展:多様な文化の核心に迫る…報道発表会 | トップページ | 大雨:西日本で降り続く…高知で最多雨量 »

2012年6月22日 (金)

一体改革:小沢元代表「新党考える」26日採決、民主緊迫

毎日新聞 2012年06月21日 21時33分(最終更新 06月22日 01時28分)

親しい議員との会合のため東京都内のホテルに入る民主党の小沢一郎元代表=2012年6月21日午後3時26分、石井諭撮影
親しい議員との会合のため東京都内のホテルに入る民主党の小沢一郎元代表=2012年6月21日午後3時26分、石井諭撮影
採決をめぐる民主党執行部と小沢グループの攻防
採決をめぐる民主党執行部と小沢グループの攻防

 通常国会の会期を9月8日まで79日間延長することが決まった21日、民主党の小沢一郎元代表は税と社会保障の一体改革関連法案の衆院採決で反対することを輿石東幹事長に伝え、元代表を含め49人のグループ議員が集まった会合では離党・新党結成も視野に行動することを宣言した。出席者からは野田佳彦首相宛ての離党届を集め、採決後の集団離党も辞さない構え。党分裂の危機に緊迫する民主党執行部は野田佳彦首相が21日を目指してきた衆院採決を26日に先送りし、反対派・中間派を説得する時間稼ぎへと動いた。

 小沢元代表は21日、東京都内のホテルで開いたグループ会合で「採決の時は、我々の主張が正しいという大きな渦になるよう頑張ってください」と造反を呼びかけた。そのうえで「まず最善の策を追求し、今の政権の考え方を変えるように頑張る。次善の策として新党立ち上げも考えねばならない」と離党・新党結成に言及した。

ただ、政治資金規正法違反事件で控訴された元代表を取り巻く政治状況は厳しい。連携を期待した石原慎太郎東京都知事からは「死んでも小沢とは組まない」と突き放され、橋下徹大阪市長も元代表との連携には慎重だ。自民、公明両党からは「小沢切り」を求める声も上がる。

 新党結成は孤立につながりかねない「いばらの道」。そのため、小沢グループ内には採決での造反をためらう声もある。21日のグループ会合に出席した議員は離党届への署名と母印を求められ、大半は応じたが、断る議員もいたという。

 元代表の主導する消費増税反対派が民自公3党の修正合意で追い込まれ、強気の発言でグループの結束を図るしかない「瀬戸際戦術」の側面も否めない。昨年6月、菅内閣不信任決議案を野党が提出した際、小沢元代表はギリギリまで造反(不信任案への賛成)をグループ議員に呼びかけながら、最終的には採決を欠席した。民主党の田中真紀子元外相は「小沢さんは菅(直人前首相)さんの不信任でも、みんなをあおっておきながらご本人は(議場に)来なかった」と疑念を示す。

民自公3党の議席数は衆院の約9割を占める。党内最大勢力を誇る小沢グループ約100人が全員造反しても消費増税法案の可決は確実だ。それでも民主党執行部が造反者数を抑えようとするのは、離党者が54人以上になれば、国民新党と合わせた与党の議席数が衆院の半数を割り、少数与党に転落するからだ。そうなれば、野党と「小沢新党」の賛成で内閣不信任決議案の可決も可能になる。

 造反を最小限に抑えたい輿石氏は強引に衆院採決を先送りし、自公両党を怒らせた。21日午前の幹事長会談では「22日をめどに最大限努力する」と自公側に伝えながら、21日夕の衆院一体改革特別委員会の理事会では26日に委員会と衆院本会議で採決する日程を提案。自公以外の野党には徹底審議を求める意見が強く、自公両党も26日採決を受け入れざるを得なかった。【田中成之】

|

« 中国至宝展:多様な文化の核心に迫る…報道発表会 | トップページ | 大雨:西日本で降り続く…高知で最多雨量 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一体改革:小沢元代表「新党考える」26日採決、民主緊迫:

» 昼顔の花言葉は情事  一体改革:民主、反対50人超す⇒五省、三省したらいかが [自分なりの判断のご紹介]
一見おとなしい花。 でも朝顔と似て いるけれど、 昼すぎても ずーっと咲いて いる「昼顔」。 ヒルガオ科の つる性の多年草. 地上部は枯れ ますけど、根は しっかりと絡み あっているんで...... [続きを読む]

受信: 2012年6月26日 (火) 01時15分

« 中国至宝展:多様な文化の核心に迫る…報道発表会 | トップページ | 大雨:西日本で降り続く…高知で最多雨量 »