« 一体改革:民主と自民が合意へ 対案修正で折り合う | トップページ | オスプレイ:普天間配備を先送りへ 米で墜落事故 »

2012年6月15日 (金)

6歳未満脳死判定:「息子を誇りに」両親がコメント

毎日新聞 2012年06月14日 22時11分(最終更新 06月14日 22時31分)

 日本臓器移植ネットワークは14日、富山大病院に入院していた6歳未満の男児が脳死と判定され、家族の同意で臓器が提供されることになったと発表した。男児の両親が日本臓器移植ネットワークを通じて発表したコメントは次の通り(原文のまま)。

 息子は、私たち家族が精いっぱい愛情を注いで育ててきました。

 元気な息子のわんぱくにふり回されながらも、楽しい時間を家族みんなで過ごしてきました。

 本日、息子は私たちのもとから遠くへ飛び立って行きました。

 このことは私たちにとって大変悲しいことではありますが、大きな希望を残してくれました。

 息子が誰かのからだの一部となって、長く生きてくれるのではないかと。

 そして、このようなことを成しとげる息子を誇りに思っています。

 私たちのとった行動が皆様に正しく理解され、息子のことを長く記憶にとどめていただけるなら幸いです。

 そして、どうか皆様、私たち家族が普段通りの生活を送れるよう、そっと見守っていただきたくお願い申し上げます。

|

« 一体改革:民主と自民が合意へ 対案修正で折り合う | トップページ | オスプレイ:普天間配備を先送りへ 米で墜落事故 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6歳未満脳死判定:「息子を誇りに」両親がコメント:

« 一体改革:民主と自民が合意へ 対案修正で折り合う | トップページ | オスプレイ:普天間配備を先送りへ 米で墜落事故 »