« 民主、年金「定額加算」見直しへ…公明に配慮 | トップページ | 巣から落ちたとみられるトキの幼鳥1羽発見 »

2012年6月13日 (水)

枝野経産相、「東電撤退」で国会事故調に反論

枝野経済産業相は12日の閣議後の記者会見で、東京電力福島第一原子力発電所事故を検証する国会の「事故調査委員会」が「東電が全員撤退を決定した形跡は見受けられない」と指摘したことについて、「テレビ会議の詳細など分析してもらえれば事実関係ははっきりしている」と反論した。

 東電の清水正孝前社長が事故直後、作業員の「全面撤退」の意向を政府に伝えたとされるこの問題で、国会事故調の参考人聴取に対し、官房長官だった枝野氏ら当時の政権幹部は全面撤退と受け止めたと説明。東電側は「緊急対応要員は残す趣旨だった」などと、主張が食い違っていた。

 枝野経産相は「具体的な証拠の残る事実を積み重ねればはっきりしている」と強調した。

(2012年6月12日21時39分 読売新聞)

|

« 民主、年金「定額加算」見直しへ…公明に配慮 | トップページ | 巣から落ちたとみられるトキの幼鳥1羽発見 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 枝野経産相、「東電撤退」で国会事故調に反論:

« 民主、年金「定額加算」見直しへ…公明に配慮 | トップページ | 巣から落ちたとみられるトキの幼鳥1羽発見 »