« 枝野氏「疑いの目で」…元次官の日立天下り | トップページ | チャラチャラするな…維新議員・塾生にかん口令 »

2012年6月22日 (金)

こもる首相・個別面談の小沢氏…離党届45人か

衆院社会保障・税一体改革特別委員会は22日午前、一体改革関連法案の修正案の審議に入った。

 民主党内では26日の採決に向け、離党・新党結成を検討する小沢一郎元代表が22日昼、目標とする54人以上の離党者の確保に向け、側近議員らと情勢分析を行った。野田首相も造反規模を抑え込むため水面下で党内の説得工作を進め、輿石幹事長とも対応を協議した。首相と小沢氏との攻防は激化している。

 小沢氏は22日午前、国会内の事務所で三宅雪子衆院議員ら数人と個別に面談し、「一緒にがんばろう」などと結束を求めたという。その後、国会近くのホテルに移り、グループ議員ら約25人と約1時間にわたって協議。小沢氏は「我々が主張してきたことは正しいから貫いていこう」と強調したという。

 小沢氏周辺は、45人程度の離党届を既に集めたとしている。21日夕の会合には、小沢氏を含む衆院議員49人(読売新聞調べ)が出席したが、同日の段階では出席者全員が離党届に署名したわけではないという。衆院で54人以上が離党すれば、与党は国民新党を合わせても半数に届かなくなるため、小沢氏らは離党届の署名集めに全力を挙げる考えだ。

 小沢グループ幹部の東祥三元内閣府副大臣は22日のTBS番組で「僕の場合は離党する準備はちゃんとしている」と述べ、対決姿勢を示した。

 一方、首相は22日午前、首相官邸にこもった。訪れた長妻昭元厚生労働相が「(法案審議で)社会保障をぜひ、強調していただきたい」と求めると、首相は「審議をお互いにがんばろう」と応じた。昼の輿石幹事長との会談では、輿石氏が「官邸も緊張感を持ってほしい」と要請したという。

(2012年6月22日13時54分 読売新聞)

|

« 枝野氏「疑いの目で」…元次官の日立天下り | トップページ | チャラチャラするな…維新議員・塾生にかん口令 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こもる首相・個別面談の小沢氏…離党届45人か:

« 枝野氏「疑いの目で」…元次官の日立天下り | トップページ | チャラチャラするな…維新議員・塾生にかん口令 »