« 民主、今国会会期の79日間延長方針を伝える | トップページ | 橋下市長、御堂筋「シャンゼリゼ」化作戦を検討 »

2012年6月20日 (水)

ノーサイドの思い変わらない…両院議員懇で首相

民主党は20日夕、社会保障・税一体改革関連法案を巡る自民、公明両党との修正合意について、党内の意思を最終確認する両院議員懇談会を東京・永田町の憲政記念館で開いた。

 懇談会には野田首相が出席し、「昨年の9月の代表選挙が終わった後に、私は『ノーサイドにしましょう、もう』と言った。その思いは変わらない」と述べた。

 また、「課題はたくさんある。まだまだある。一つ一つ山をみんなで力をあわせて乗り越えていきたい」とし、「真摯に皆様の声をお聞かせいただき、一定の時期には結論を出し、みんなで力をあわせて乗り越えていく、そういう政党をぜひ作りたい」と、理解を求めた。

(2012年6月20日17時31分 読売新聞)

|

« 民主、今国会会期の79日間延長方針を伝える | トップページ | 橋下市長、御堂筋「シャンゼリゼ」化作戦を検討 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノーサイドの思い変わらない…両院議員懇で首相:

« 民主、今国会会期の79日間延長方針を伝える | トップページ | 橋下市長、御堂筋「シャンゼリゼ」化作戦を検討 »