« マリエ、“謹慎終了”で芸能界復帰へ…海外留学はレプロの常套手段だった?! | トップページ | ギリシャ:緊縮策見直し、新政権合意…EUの反発必至 »

2012年6月25日 (月)

第16回北の都札幌ツーデーマーチ(23日30km)

T02200414_0800150712043102994

北の都札幌ツーデーマーチが6月23日、24日行われた。コース距離は30km、20km、10km、5km。

開拓の時代から現代まで、大きく発展してきた札幌、人口は200万人を超えようとしている。札幌の街並みは緑に囲まれ、とてもいい季節にはいりました。歴史を伝える自然や文化を2日間にわたって歩く。

今回は本州方面から124名、北海道から519名が参加した。

私は30kmコースに参加、走法は自由であることからランの人もいる。いつものように2つのテーマを持って臨んだ!一つはトップゴール、二つ目は30kmを3時間00分(100m36秒)で歩き切ることである。

Dvc00001

2kmまで先導員がついたが、それ以降はフリーである。先導員が後退したところ、トップ集団は10人くらいになった。その中に女性が2人。先導はペースを上げた。ついて行ったのは7人、大分絞られてきた。

Dvc00008

私はヤバイと思った。ついて行けない。少しづつ離されていった。苦しいが粘ることにし、ペースをあげて追いついた。

それから3人の争いになった。が離されながらも女性がついて来た。15キロ過ぎあたりからトップを歩いていた人の走法に変化があった。少しペースを上げてみたが、ついて来ない。5キロ位トップを続けたが、追いついてきた人がいた。残り10キロをランに切り替えたところ、相手もランが得意らしく、まったく離れないのだ!

それからゴール手前まで彼の後ろを走った。ゴール手前50m位のところからペースをあげたが、彼も離れない。ゴールは一瞬私が早いように見えたが同時ゴールであった。精根尽き果てた。大学生のアナウンサーから何か聞かれたが記憶に残っていない。

ゴールタイムは2時間45分(100mに換算し33.0秒)。信じられない夢のタイムでした。

明日も同じ30km、コースは違うがアップダウンの激しいコース。先陣争いはやめた(笑)。

|

« マリエ、“謹慎終了”で芸能界復帰へ…海外留学はレプロの常套手段だった?! | トップページ | ギリシャ:緊縮策見直し、新政権合意…EUの反発必至 »

ウオーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第16回北の都札幌ツーデーマーチ(23日30km):

« マリエ、“謹慎終了”で芸能界復帰へ…海外留学はレプロの常套手段だった?! | トップページ | ギリシャ:緊縮策見直し、新政権合意…EUの反発必至 »