« 小沢氏の地元、民主県連の後任代表に黄川田氏 | トップページ | 金正恩氏側近の北朝鮮軍トップ、党職務から解任 »

2012年7月16日 (月)

小沢新党入りの京野氏、民主支部が支援継続

民主党を除籍(除名)された京野公子衆院議員が新党「国民の生活が第一」に入党したことを受け、京野氏を支持してきた秋田県の民主党横手支部(21人、支部長・小沢秀宏横手市議)は15日、京野氏の横手事務所で、党員ら13人による役員会を開いた。

 党員やサポーター数人が離党などを表明。小沢支部長を含む残る参加メンバーは、離党も見据え、京野氏の応援を継続する方針を確認した。

 小沢支部長らによると、役員会の冒頭のみ京野氏が出席。消費税増税、TPP参加、大飯原発再稼働などの民主党の方針に同調できないとして、離党や新党入党を決めたことを説明し、同支部への報告が事後報告になったことを謝罪した。出席した党員は納得した様子で、退席する京野氏を拍手で見送ったという。小沢支部長は「民主党から秋田3区に候補者を擁立することになれば、全員離党することになる」と話した。

(2012年7月16日14時18分 読売新聞)

|

« 小沢氏の地元、民主県連の後任代表に黄川田氏 | トップページ | 金正恩氏側近の北朝鮮軍トップ、党職務から解任 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小沢新党入りの京野氏、民主支部が支援継続:

« 小沢氏の地元、民主県連の後任代表に黄川田氏 | トップページ | 金正恩氏側近の北朝鮮軍トップ、党職務から解任 »