« 大津・中2自殺:生徒ら聴取始まる…学校、心のケアに腐心 | トップページ | 乙アプリ:どきどきキャンプのニコ生番組 26日に第2回配信 »

2012年7月26日 (木)

五輪サッカー女子:試合前、宮間主将の言葉で奮起

毎日新聞 2012年07月26日 13時35分(最終更新 07月26日 16時29分)

【日本・カナダ】前半44分、ヘディングシュートを決める宮間(中央)=英国・コベントリーのコベントリー競技場で2012年7月25日、佐々木順一撮影

【日本・カナダ】前半44分、ヘディングシュートを決める宮間(中央)=英国・コベントリーのコベントリー競技場で2012年7月25日、佐々木順一撮影

 【コベントリー(英国)大島祥平】試合直前のロッカールーム。全員で組んだ円陣で宮間あや主将(27)が言った。「大切な思いと大切な人たちがいて私たちがいる。このピッチに立てるのは選ばれた18人だけ。感謝と喜びをもってやろう」。涙ぐんでいた。言葉を受けた選手も涙した。佐々木監督も「ぐっときた。もらい泣きしそうになった」。考えていた言葉ではないが、肩を組んだ時に自然と出てきたという言葉。「あのおかげでいい入り方ができた」と大野忍選手(28)が言えば、澤穂希選手(33)も「緊張していたけど、宮間が言葉をかけてくれたから」。一体感を生み出した。

関連記事

|

« 大津・中2自殺:生徒ら聴取始まる…学校、心のケアに腐心 | トップページ | 乙アプリ:どきどきキャンプのニコ生番組 26日に第2回配信 »

オリンピック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五輪サッカー女子:試合前、宮間主将の言葉で奮起:

« 大津・中2自殺:生徒ら聴取始まる…学校、心のケアに腐心 | トップページ | 乙アプリ:どきどきキャンプのニコ生番組 26日に第2回配信 »