« 大津の中2自殺問題、ネット偽情報で脅迫状 | トップページ | 西-東日本 猛暑一転し大雨に »

2012年7月20日 (金)

尖閣巡り日本と一戦辞さず…中国で9割も

【台北=源一秀】中国と台湾が領有権を主張している日本の尖閣諸島をめぐり、「主権のためなら日本と一戦交えてもいい」と考える人が中国で9割、台湾で4割に上ることが、中台メディアの共同世論調査で明らかになった。

 調査は、中国の人民日報系の国際問題専門紙「環球時報」と台湾の有力紙「中国時報」が実施した。それによると、「軍事行使を含む各種手段による主権保持を支持するか」との設問に対し、「支持」が中国で90・8%、台湾で41・2%だった。「不支持」は中国5・2%、台湾31・6%。日本が同諸島の国有化方針を示す中、温度差はあるものの、中台双方で「対日強硬姿勢」が盛り上がっていることが浮き彫りとなった。

(2012年7月20日18時36分 読売新聞)

|

« 大津の中2自殺問題、ネット偽情報で脅迫状 | トップページ | 西-東日本 猛暑一転し大雨に »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尖閣巡り日本と一戦辞さず…中国で9割も:

« 大津の中2自殺問題、ネット偽情報で脅迫状 | トップページ | 西-東日本 猛暑一転し大雨に »