« 尖閣、まず都が購入する方がスムーズ…石原知事 | トップページ | 尖閣国有方針、中台の反発必至…摩擦激化リスク »

2012年7月 7日 (土)

尖閣国有化に「今さら」…既に寄付金13億円超

東京都の石原慎太郎知事が訪問先のワシントンで電撃的に尖閣諸島(沖縄県石垣市)の購入計画を発表してから2か月余り。

 「国が動かないから都が領有する」との知事の批判に背中を押されるように、尖閣諸島の国有化に向けて事態が動き出した。しかし、都には13億円を超える寄付金が全国から寄せられ、すでに庁内に専門部署も設置。都幹部の間には「今さら買わないとは言えない」と困惑も広がっている。

 石原知事が尖閣諸島の購入を打ち出したのは4月17日。国から国有化の方針を打診されたことについて7日、「東京がやっているのを、思いつきで肩代わりしようとしても、そう簡単にはいかない」と語り、引き続き、都が購入手続きを進めるとした。

(2012年7月7日14時45分 読売新聞)

|

« 尖閣、まず都が購入する方がスムーズ…石原知事 | トップページ | 尖閣国有方針、中台の反発必至…摩擦激化リスク »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尖閣国有化に「今さら」…既に寄付金13億円超:

« 尖閣、まず都が購入する方がスムーズ…石原知事 | トップページ | 尖閣国有方針、中台の反発必至…摩擦激化リスク »