« 福島第1原発:4号機燃料 試験取り出しを開始 | トップページ | 関越バス事故:河野被告のバス4台使用禁止処分 »

2012年7月18日 (水)

ウナギ:ワシントン条約での規制を検討 資源量の減少で

毎日新聞 2012年07月18日 10時41分(最終更新 07月18日 11時35分)

アメリカウナギの稚魚=米魚類野生生物局提供、共同
アメリカウナギの稚魚=米魚類野生生物局提供、共同

 世界的に減少が指摘されるウナギについて、米政府が絶滅の恐れがある野生動植物の国際取引を規制するワシントン条約の対象種に加えることを検討していることが17日、分かった。

 米国が主に取引規制を検討しているアメリカウナギは最近、中国や韓国の養殖場を経て日本への輸出が増加。日本で広く食べられているニホンウナギも対象となっており、規制が導入されればウナギ価格のさらなる高騰を招くことになりそうだ。

 アメリカウナギは1970年代以降、資源量の減少が懸念されている。(ワシントン共同)

|

« 福島第1原発:4号機燃料 試験取り出しを開始 | トップページ | 関越バス事故:河野被告のバス4台使用禁止処分 »

海外ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウナギ:ワシントン条約での規制を検討 資源量の減少で:

« 福島第1原発:4号機燃料 試験取り出しを開始 | トップページ | 関越バス事故:河野被告のバス4台使用禁止処分 »