« 生徒への暴行、教諭が目撃か…大津いじめ自殺 | トップページ | 有名ブランドの米五輪ユニホーム、中国製だった »

2012年7月15日 (日)

中国、軍の影響力が増大…防衛白書で懸念強調

2012年版の防衛白書の骨格が14日、明らかになった。中国情勢について、中国共産党と中国軍(人民解放軍)の関係に近年変化が見られ、相対的に軍の影響力が増大している、との分析を初めて盛り込み、対中警戒感を従来より一層鮮明に打ち出している。

 白書では、「中国共産党指導部と人民解放軍との関係の複雑化」「対外政策決定における軍の影響力の変化」など、国際的な分析を引用する形で、軍部の台頭により意思決定プロセスの不透明性が増していることへの懸念を強調。注目すべき「危機管理上の課題」と位置づけている。

 また、国防費が「24年間で約30倍」と急激に膨張、空母開発が本格化し、海軍艦艇の日本近海など太平洋への進出頻度が上がっているデータを列挙、「外洋展開能力の向上を図っている」と分析した。

 白書は早ければ今月末の閣議に報告される。

(2012年7月15日03時06分 読売新聞)

|

« 生徒への暴行、教諭が目撃か…大津いじめ自殺 | トップページ | 有名ブランドの米五輪ユニホーム、中国製だった »

海外ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国、軍の影響力が増大…防衛白書で懸念強調:

« 生徒への暴行、教諭が目撃か…大津いじめ自殺 | トップページ | 有名ブランドの米五輪ユニホーム、中国製だった »