« ロンドン五輪:サッカー男女日本代表 欧州の合宿地に出発 | トップページ | 桑名正博さん:脳幹出血で救急搬送 意識不明の重体 »

2012年7月16日 (月)

丹羽駐中国大使:一時帰国し尖閣問題協議 外相は更迭否定

毎日新聞 2012年07月15日 21時18分(最終更新 07月15日 21時26分)

玄葉光一郎外相との意見交換のため外務省に入る丹羽宇一郎駐中国大使=東京都千代田区で2012年7月15日午後3時9分、西本勝撮影
玄葉光一郎外相との意見交換のため外務省に入る丹羽宇一郎駐中国大使=東京都千代田区で2012年7月15日午後3時9分、西本勝撮影

 玄葉光一郎外相は15日、丹羽宇一郎駐中国大使を一時帰国させて外務省に呼び、政府の尖閣諸島(沖縄県石垣市)国有化方針に中国側が反発を強めていることへの対応などを協議した。玄葉氏は記者団に「日本の考え方を正しく(中国側に)伝達するよう改めて指示した」と説明した。丹羽氏は「報告と協議。詳しいことは大臣から」とだけ述べ外務省を出た。丹羽氏は16日午後に北京に戻る予定。

 丹羽氏は6月に英紙のインタビューで東京都による尖閣諸島購入計画を批判し、与野党から更迭を求める意見が出ている。玄葉氏はすでに丹羽氏に注意しており、この日の協議後、「(人事の話は)していない」と更迭の可能性を否定した。ただ、10年にロシアのメドベージェフ大統領(当時)が北方領土を訪問した際、駐ロシア大使を一時帰国させ、約4カ月後の人事異動で交代させた例もある。

政府の国有化方針が明らかになって以降、中国側は「日本側のいかなる一方的な措置も違法で無効だ」と反発。尖閣周辺の日本領海内に11、12日に漁業監視船を侵入させた。11日の日中外相会談で玄葉氏が領海侵入に抗議し、中国の領土だと主張する楊潔※外相との応酬になった。大使の一時帰国には、日本政府内の意思疎通を図るほか、中国側をけん制する狙いもある。【西田進一郎、横田愛】

※は竹かんむりに褫のつくり

|

« ロンドン五輪:サッカー男女日本代表 欧州の合宿地に出発 | トップページ | 桑名正博さん:脳幹出血で救急搬送 意識不明の重体 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丹羽駐中国大使:一時帰国し尖閣問題協議 外相は更迭否定:

« ロンドン五輪:サッカー男女日本代表 欧州の合宿地に出発 | トップページ | 桑名正博さん:脳幹出血で救急搬送 意識不明の重体 »