« 天気:東北も梅雨明け | トップページ | 大津・中2自殺:生徒ら聴取始まる…学校、心のケアに腐心 »

2012年7月26日 (木)

米大リーグ:松井、結果出せず岐路に…レイズ戦力外通告

毎日新聞 2012年07月26日 12時30分(最終更新 07月26日 13時09分)

マリナーズ戦で遊飛に倒れ、最後の打者となった松井=2012年7月22日、AP

マリナーズ戦で遊飛に倒れ、最後の打者となった松井=2012年7月22日、AP

 とうとう、この日がきた。4月末にマイナー契約からスタートした松井がレイズで戦力外となった。選択肢は再びマイナー契約か、トレードか、自由契約か。自由契約となった場合は、あくまでも他球団のオファーを待つか、引退なり、日本復帰なり重大な決断を下すのか。38歳になった09年ワールドシリーズ最優秀選手(MVP)は岐路に立たされた。

 松井も「結果が悪ければ明日は分からない立場」と自覚していた。5月29日にメジャーに昇格して最初の3試合こそ2本塁打と上々の滑り出しだったが、34試合に出場して複数安打と2試合連続安打が2回。打率1割台に低迷を続けていた。守っても左太ももを痛めて起用の選択肢を狭めた。むしろ、マドン監督は爆発を信じて辛抱強く起用してきた。

 今季は古傷だった両膝の調子も良かった。数段の階段を下りるときさえ、手すりが必要だった状態からダッシュを繰り返して、ここ数年は見られなかった野球選手らしい姿を取り戻していた。それゆえに大リーグの開幕時点で所属が決まらなくても、自分を信じて待つことができた。

ただ、傘下の3Aダーラムに所属した時から好調な体を反映してバットの振りだけは鋭かったが、結果は出なかった。7月15日の本拠地トロピカーナ・フィールドでのレッドソックス戦。4点を追う九回2死満塁の絶好機に立った打席が今の姿そのものだった。

 甘い速球をたたいた打球は右翼へ角度良く上がった。観客席から起死回生の同点弾と見て歓声が湧く。しかし、打球は右翼のほぼ定位置で急失速。松井は「詰まった」とだけ言い、理由は明かさなかった。入団時に「勝負強い」松井を大歓迎した地元ファンも以降は好機に凡打を重ねる姿に容赦なかった。もはや戦力として抱えていくには無理があった。

 大リーグ10年目でプレーするチャンスを与えられながら生かせなかった。わずか2カ月余りだった新しい本拠地に戻った松井は考えている。それでも自分を信じることができるのか、どうか。【小坂大】

|

« 天気:東北も梅雨明け | トップページ | 大津・中2自殺:生徒ら聴取始まる…学校、心のケアに腐心 »

大リーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米大リーグ:松井、結果出せず岐路に…レイズ戦力外通告:

« 天気:東北も梅雨明け | トップページ | 大津・中2自殺:生徒ら聴取始まる…学校、心のケアに腐心 »