« 指原、ラストAKB公演で涙 | トップページ | アップル:増収増益…市場予想は下回る 4〜6月期決算 »

2012年7月25日 (水)

JAL:歴代地上職制服でお見送り 羽田

2012年07月25日

JALの歴代地上職スタッフの制服を着用した職員と記念写真を撮る親子連れ=東京都大田区の羽田空港で2012年7月25日、米田堅持撮影

JALの歴代地上職スタッフの制服を着用した職員と記念写真を撮る親子連れ=東京都大田区の羽田空港で2012年7月25日、米田堅持撮影

 日本航空(JAL)の地上職スタッフ14人が25日、1969年から現在までの同社と日本エアシステム(JAS)の歴代制服に身を包んで、羽田発那覇行きのJL919便の乗客を見送った。

 JALでは、会社更生法を適用される前から毎月25日を「ニッコーの日」と名付けて、幹部がちらしを配ったり、乗客に毎月メッセージカードを送るといった活動を行ってきた。

 27回目を迎え、同空港で乗客の案内などを行う地上職スタッフが、いつもと違う形での接客をと考え、JAL4種類、JAS2種類の制服での見送りを発案した。客室乗務員(CA)の歴代制服のイベントは何度も行われているが、地上職スタッフの歴代制服は同空港では初めて。

 同便で一家で沖縄へ向かった東京都立川市の会社員、安西繁さん(40)は「オレンジ色の制服は初めて見たような気がするが、紺色の制服などには見覚えがある。時々こういうイベントがあると面白い」と記念撮影をしていた。【米田堅持】

|

« 指原、ラストAKB公演で涙 | トップページ | アップル:増収増益…市場予想は下回る 4〜6月期決算 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JAL:歴代地上職制服でお見送り 羽田:

« 指原、ラストAKB公演で涙 | トップページ | アップル:増収増益…市場予想は下回る 4〜6月期決算 »