« 謝ってもどうせ報道しない…視察に女性同行市議 | トップページ | なでしこ、決勝トーナメントへ…勝ち点差で確定 »

2012年7月29日 (日)

三宅雪子議員「私の政策変わらぬ」…出馬意欲も

民主党を離れ、新党「国民の生活が第一」に参加した三宅雪子衆院議員(比例北関東)が28日、群馬県高崎市内で支援者向けの報告会を開いた。

 三宅氏は「(離党を)残念に思った人もいると思うが、私の政策に変わりは無く、変わったのは野田政権」と批判し、新党参加への理解を求めた。新党の小沢一郎代表からのビデオメッセージも上映され、「間もなく解散総選挙が行われると思うが、(三宅氏を)もう一度当選させてほしい」と呼びかけた。

 三宅氏は報告会で、社会保障と税の一体改革関連法案などで民主、自民、公明3党が協調姿勢を示していることを「事実上の連立状態で(有権者に)選択肢がない」と説明。消費増税反対、脱原発、反TPPの3点を挙げて、「群馬では選挙の争点がはっきりしている」と発言。改めて次期衆院選に群馬4区から出馬する考えをにじませた。

 一方、この日は自民党県連も党職域支部との意見交換会を開催。中曽根弘文・県連会長は、参院での首相問責決議案提出などを視野に、早期の政権奪還を目指す考えを強調した。

(2012年7月29日09時54分  読売新聞)

|

« 謝ってもどうせ報道しない…視察に女性同行市議 | トップページ | なでしこ、決勝トーナメントへ…勝ち点差で確定 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三宅雪子議員「私の政策変わらぬ」…出馬意欲も:

« 謝ってもどうせ報道しない…視察に女性同行市議 | トップページ | なでしこ、決勝トーナメントへ…勝ち点差で確定 »