« 第12日決勝戦 JX-ENEOS(横浜市) | トップページ | シャープ:人員削減 雇用重視に決別 財務手当て急務で »

2012年7月25日 (水)

福島第1原発:ストロンチウム、10都県で最大値以上

毎日新聞 2012年07月24日 19時47分(最終更新 07月25日 01時08分)

 文部科学省は24日、東京電力福島第1原発事故で放出された放射性ストロンチウム90(半減期約29年)の全国規模の飛散調査結果を公表した。事故後、土壌から検出された宮城、福島両県以外に、関東・東北の10都県の値が、2000年〜事故前の最大値以上となった。これ以外では事故の影響は確認されなかった。

 ストロンチウムは口から摂取すると骨に蓄積しやすいが、今回の検出量はごくわずかで、健康影響の恐れはないという。

 過去の最大値は、米ソによる大気圏核実験の影響が強く表れた1963年6月に宮城県で観測された1平方メートル当たり358ベクレル。2000年以降では06年2月、北海道の同0.3ベクレル。今回、茨城県で同6ベクレルを観測し北海道での値を超えたほか、群馬、山形、栃木、埼玉、東京、岩手、神奈川、千葉、秋田でも、値が00年以降の最大値と同じか上回った。【野田武】

関連記事

|

« 第12日決勝戦 JX-ENEOS(横浜市) | トップページ | シャープ:人員削減 雇用重視に決別 財務手当て急務で »

放射性物質」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島第1原発:ストロンチウム、10都県で最大値以上:

« 第12日決勝戦 JX-ENEOS(横浜市) | トップページ | シャープ:人員削減 雇用重視に決別 財務手当て急務で »