« オスプレイ:「弱点」指摘…米軍系研究所、03年に意見書 | トップページ | 高額医療負担:年収300万円以下に年間上限…厚労省検討 »

2012年7月14日 (土)

入れ墨調査:橋下市長「最後通告」…27日までの回答命令

毎日新聞 2012年07月14日 02時32分

 大阪市が全職員に実施した入れ墨調査で、橋下徹市長が13日、調査を拒否している13人に、27日までに回答するよう改めて職務命令を出したことが分かった。「この命令に従わない場合は懲戒処分が行われることがある」としており、事実上の「最後通告」となる。

 市は5月、市教委を除く職員約3万3500人に、入れ墨の部位や大きさを所定の用紙に記入するよう求めた。腕など人目に触れる部分は記名で回答を義務付け、それ以外の部分は任意とした。

 調査に対し、これまでに114人が「入れ墨をしている」と回答。13人が「職務命令で調査するのは不当」などと反発し、回答を拒否している。

 職務命令は、13日に所属長を通じて配布した。入れ墨が市民の目に触れれば、不安感や威圧感を持たれ、市の信用を失墜させると指摘。人事配置での配慮が目的で、「職員は回答に応じる義務がある」と明記した。

 市は27日までに回答しなかった職員は職務命令違反にあたるとして、減給や戒告の懲戒処分にする方針。

 市教委も教職員約1万7000人を対象に調査し、教諭1人を含む10人が「入れ墨がある」と回答していた。【茶谷亮、原田啓之】

関連記事

|

« オスプレイ:「弱点」指摘…米軍系研究所、03年に意見書 | トップページ | 高額医療負担:年収300万円以下に年間上限…厚労省検討 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 入れ墨調査:橋下市長「最後通告」…27日までの回答命令:

« オスプレイ:「弱点」指摘…米軍系研究所、03年に意見書 | トップページ | 高額医療負担:年収300万円以下に年間上限…厚労省検討 »