« 大阪「府」ではメッセージ伝わらぬ…橋下市長 | トップページ | 一体改革11日に参院審議入り »

2012年7月 5日 (木)

選手に肉出さず…中国女子バレー「敗因」で波紋

【北京=大木聖馬】中国浙江省で1日まで開かれていたバレーボール女子のワールドグランプリで、6チーム中5位に終わった中国チームの兪覚敏監督が、敗因について「選手が肉を食べていないから」と釈明し、波紋を広げている。

 中国は初戦でキューバに勝ったものの、第2戦以降は選手がミスを連発し、米国など4か国に連敗した。兪監督は「試合に出る時は、選手に肉を出さず、今回は3週間食べていない」と明かした。

 中国では、「痩肉精」と呼ばれる筋肉増強剤を養豚農家が豚に投与することが問題になっている。赤身の増量が目的だが、中国メディアによると、4年前の北京五輪の際、ドーピング検査で陽性となり処分を受けた中国水泳選手が、「痩肉精入りの肉を食べたせいだ」と主張している例があるという。今回も、ドーピング違反を恐れた監督が、選手に肉の摂取を控えさせたとみられる。

(2012年7月4日22時06分 読売新聞)

|

« 大阪「府」ではメッセージ伝わらぬ…橋下市長 | トップページ | 一体改革11日に参院審議入り »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 選手に肉出さず…中国女子バレー「敗因」で波紋:

« 大阪「府」ではメッセージ伝わらぬ…橋下市長 | トップページ | 一体改革11日に参院審議入り »