« 「日本海」と呼ぶのが国の方針…米政府が見解 | トップページ | 石原知事、小沢氏は「自滅への道」…秋に照準 »

2012年7月 3日 (火)

大飯原発3号機の送電開始、1日遅れ5日午前に

原子炉が起動された関西電力大飯原子力発電所3号機(福井県おおい町)について、関電は3日、発電機を回すタービンの再調整が必要になったため、当初4日朝に予定していた送電開始が最短でも5日午前になると発表した。

 これに伴い、8日に予定されていたフル稼働も1日遅れるという。また、4号機の起動も最短で18日に、フル稼働も25日にと、それぞれ1日ずれ込む見通し。

 関電は3日午前9時~午後1時頃、原子炉格納容器内の蒸気発生器の蒸気を使ってタービンの回転軸の振幅を調べた。調査対象の11か所中1か所で振幅がメーカーの推奨値をわずかに超えたため、4日に振幅を安定させるための重りを微調整する。

(2012年7月3日19時41分 読売新聞)

|

« 「日本海」と呼ぶのが国の方針…米政府が見解 | トップページ | 石原知事、小沢氏は「自滅への道」…秋に照準 »

原発関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大飯原発3号機の送電開始、1日遅れ5日午前に:

« 「日本海」と呼ぶのが国の方針…米政府が見解 | トップページ | 石原知事、小沢氏は「自滅への道」…秋に照準 »