« 九州豪雨:次々に積乱雲発生 長期化のメカニズム | トップページ | 国民の生活が第一:「愛知全区に新党候補」牧衆院議員 »

2012年7月15日 (日)

丹羽中国大使:15日に一時帰国 尖閣問題報告か

毎日新聞 2012年07月15日 00時49分

 玄葉光一郎外相は14日夜(日本時間同)、丹羽宇一郎駐中国大使を15日に一時帰国させ「現下の日中情勢」に関し直接報告を受けると発表した。直接言及しなかったが沖縄県・尖閣諸島をめぐる中国の対応について協議するとみられる。同時に「用務が終わったら速やかに北京に戻したい」と述べ、中国に抗議の姿勢を示す「召還」ではないとした。

 訪問先のベトナム・ハノイで外相の方から記者団に明らかにした。

 丹羽氏は6月、東京都による尖閣諸島購入計画について「実行されれば日中関係に重大な危機をもたらす」として反対する意向を表明し、野党を中心に更迭論が出た。(ハノイ共同)

|

« 九州豪雨:次々に積乱雲発生 長期化のメカニズム | トップページ | 国民の生活が第一:「愛知全区に新党候補」牧衆院議員 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丹羽中国大使:15日に一時帰国 尖閣問題報告か:

« 九州豪雨:次々に積乱雲発生 長期化のメカニズム | トップページ | 国民の生活が第一:「愛知全区に新党候補」牧衆院議員 »