« 発送電分離を明記、小売り全面自由化…経産委案 | トップページ | 中2自殺、憤りの声相次ぐ…8か月ぶり保護者会 »

2012年7月13日 (金)

首相、党分裂陳謝…福田議員「危機作った」批判

野田首相(民主党代表)は12日夕、都内で開かれた民主党の両院議員総会で、小沢一郎元代表らの新党結成に伴う党分裂について、「党員、党友、国民におわび申し上げるとともに、責任の重さを強く感じている」と陳謝した。

 一体改革関連法案に造反した議員から首相に厳しい意見も出され、亀裂の深さをうかがわせた。

 首相はあいさつで「このピンチを逆に奇貨として、国民のために成果を出す民主党として、力を合わせて頑張っていきたい」と党の結束を呼びかけた。首相は同日午前の衆院予算委員会で、次期衆院選で社会保障・税一体改革に反対する議員は公認しないと表明した。総会では、この点について、「誤解を生む状況になった。公認候補は私だけでなく、幹事長や県連の意向も踏まえ、適正に判断する」と軌道修正した。

 総会には同党の衆参国会議員約250人が出席。一体改革関連法案の採決を棄権した福田昭夫衆院議員は「危機的状況に陥れたのは首相本人だ。9月の代表選に出馬しないことを考えてもらいたい」と述べた。

(2012年7月12日20時43分 読売新聞)

|

« 発送電分離を明記、小売り全面自由化…経産委案 | トップページ | 中2自殺、憤りの声相次ぐ…8か月ぶり保護者会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 首相、党分裂陳謝…福田議員「危機作った」批判:

« 発送電分離を明記、小売り全面自由化…経産委案 | トップページ | 中2自殺、憤りの声相次ぐ…8か月ぶり保護者会 »