« 深よみエンタ:伊藤エミさん死去 オールドファンには衝撃=佐藤雅昭 | トップページ | 民主党岐阜県連:党本部に「公認慎重に」 橋本議員造反で »

2012年7月 8日 (日)

京大元教授:「預け金」業者と集中取引 研究費流用疑惑

毎日新聞 2012年07月08日 02時30分

 京都大学大学院薬学研究科の元男性教授が公的研究費を流用したとされる問題で、元教授による04〜11年度の業者との取引状況の全容が分かった。毎日新聞の情報公開請求に京大側が応じた。それによると、元教授は186業者・個人と金銭をやりとりしていたが、取引件数の約4割、金額ベースでは5割以上が、「預け金」をしていたとされる東京都世田谷区の医療機器販売会社に集中。同社と元教授との癒着ぶりが鮮明になった。

 情報公開されたのは、元教授がセンター長を務めていた「最先端創薬研究センター」や研究室など、元教授が研究費を管理できる部署における04年度以降の8年間の取引記録(03年度以前は公開対象外)。契約日、業者名、品目、金額などが記載されている。

 取引記録によると、同センターや研究室は全1万1796件の物品購入のうち約4割に当たる4713件について世田谷区の医療機器販売会社と契約。金額では総額9億7175万円のうち4億9702万円、51%を同社が占めていた。大学関係者によると、大半の研究者は癒着を疑われることを避けるため、取引先を分散させているという。京大薬学部の関係者は「問題の会社は消耗品から実験機器まで一手に引き受けており、元教授との関係はかなり特殊。学内では『元教授のお抱え業者』という認識だった」と、元教授と同社との特異な関係を証言した。

 同社は元教授が91〜03年に在籍していた「国立成育医療研究センター」(世田谷区)とも取引があった。元教授は同センター在籍当時から、実際には物品が納入されていないのに納入されたと偽って同社に代金を支払い、その支払金をプールさせる「預け金」をしていた疑いがある。

 同社は元教授が02年5月に同センターの薬剤治療研究部長を兼務したまま京大に着任すると、03年7月に京大薬学部の近くに「京都オフィス」を開設した。しかし、11年10月に経営破綻し、同センターに対しては約3億7900万円の債務が残っている。

|

« 深よみエンタ:伊藤エミさん死去 オールドファンには衝撃=佐藤雅昭 | トップページ | 民主党岐阜県連:党本部に「公認慎重に」 橋本議員造反で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京大元教授:「預け金」業者と集中取引 研究費流用疑惑:

« 深よみエンタ:伊藤エミさん死去 オールドファンには衝撃=佐藤雅昭 | トップページ | 民主党岐阜県連:党本部に「公認慎重に」 橋本議員造反で »