« 降谷建志:「八重の桜」で大河初出演 新撰組の刺客・斎藤一役に | トップページ | 盗撮は禁酒令のさ中…厳罰化でも止まらぬ不祥事 »

2012年7月19日 (木)

大津市長「裏切られた…教育委員会制度は不要」

いじめを受けていた大津市立中2年の男子生徒が自殺した問題を巡り、同市の越直美市長が読売新聞のインタビューに応じた。

201207191016151n

いじめ問題について思いを語る越市長(大津市役所で)=矢野彰撮影

 「学校で何があったのか、なぜ不十分な調査になったのかを明らかにしたい」と述べ、市が設ける外部委員会での真相解明に意欲を見せた。

 この問題では、全校アンケート結果の大半を市教委が公表していなかったことが、今月4日に発覚。越市長は「非公表のものがあるとの報告を市教委から受けておらず、報道で知った」と弁明した。

 越市長は、自身も小学校と高校でいじめに遭ったことを明かしている。市教委から、まとめ資料ではなく、詳細なアンケート回答を取り寄せて読んだ。男子生徒が同級生から受けた被害がいくつも記されており、「いじめが自殺の原因だと確信した」という。

 一方、市教委は男子生徒の自殺後、「全校アンケートは不確かな情報が多く、いじめとの因果関係は断定できない」と主張していた。

 越市長は「市教委の説明を受け入れてきたけれど、前提となる事実の確認がいいかげんで信用できないとわかった。裏切られたように感じた」。アンケート結果の全面公表をしぶる市教委に対し、「事実はあなたたちが言ってきたことと違う。これは出すべきです」と押し切り、10日以降の公表につながったという。

 さらに、越市長はこれまでの市教委の対応のまずさを改めて認めた上で、その遠因に教育委員会制度の矛盾があると指摘。「市民に選ばれたわけではない教育委員が教育行政を担い、市長でさえ教職員人事などにかかわれない。民意を直接反映しない無責任な制度はいらない」と述べ、国に制度改革を求める意向を示した。

(2012年7月19日17時25分 読売新聞)

|

« 降谷建志:「八重の桜」で大河初出演 新撰組の刺客・斎藤一役に | トップページ | 盗撮は禁酒令のさ中…厳罰化でも止まらぬ不祥事 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大津市長「裏切られた…教育委員会制度は不要」:

« 降谷建志:「八重の桜」で大河初出演 新撰組の刺客・斎藤一役に | トップページ | 盗撮は禁酒令のさ中…厳罰化でも止まらぬ不祥事 »