« 大飯原発:3号機を起動 「稼働原発ゼロ」2カ月で終了 | トップページ | オスプレイ:沖縄知事ら3氏、強い反発 森本防衛相と会談 »

2012年7月 2日 (月)

小沢元代表:離党判断2日に 衆参50人前後同調か

毎日新聞 2012年07月01日 21時27分(最終更新 07月01日 23時13分)

岩手県の達増拓也知事との会談後、記者団の取材に答える小沢一郎元代表=盛岡市の県庁で2012年7月1日午後3時38分、安藤いく子撮影
岩手県の達増拓也知事との会談後、記者団の取材に答える小沢一郎元代表=盛岡市の県庁で2012年7月1日午後3時38分、安藤いく子撮影
小沢グループの離党が衆参両院の会派構成に及ぼす影響
小沢グループの離党が衆参両院の会派構成に及ぼす影響

 消費増税法案の衆院採決で造反した民主党の小沢一郎元代表は1日、離党・新党結成について2日に最終判断する考えを改めて示した。同日中に輿石東幹事長と会談し、離党する意向を伝える見通し。同調者は衆参両院から計50人前後になりそうだが、ただちに離党することには慎重な議員もいるため、元代表周辺では「最初は30人でも40人でもいい」という段階的な離党論も浮上している。

 小沢元代表は1日、地元・岩手県の達増拓也知事と県庁で会談した後、記者団に「我々の主張を実現するためにどうすべきかという判断を遅くとも明日にはしないといけない」と述べた。消費増税を進める野田政権の姿勢を「国民に対する背信行為で、民主党はうそつきだと言われても仕方ない」と批判した。

 元代表はその後、盛岡市内で知事や党県連幹部と会食し「最後の最後まで望みを捨てず、本来の民主党になるよう努力する」とも語ったという。ただ、輿石氏は1日のNHK番組で「具体的な知恵とか案は持ち合わせていない。そう時間は残されていない」と述べ、元代表の説得は困難との認識を示した。

野田佳彦首相は2日の党役員会に出席して造反者の処分を指示する方針。輿石氏は処分について「ルールに従ってけじめをつけて一致結束する。党内の一致結束を妨げることはありえない」と述べた。元代表らが離党届を出せば除籍(除名)などの厳しい処分とする一方、元代表に同調しない造反者の処分は軽くすることで、離党者の拡大を抑えたい考えとみられる。

 元代表が6月28日に開いた離党準備会合には衆院35、参院14の計49人が出席した。無所属だった平山泰朗氏が同27日に国民新党の衆院会派に入り、衆院で野田政権を少数与党に追い込むのに必要な離党者はそれまでの54人から55人へとハードルが上がった。新党きづなの9人と共同で内閣不信任決議案を提出できる衆院42人以上の確保も微妙な情勢だ。【光田宗義】

|

« 大飯原発:3号機を起動 「稼働原発ゼロ」2カ月で終了 | トップページ | オスプレイ:沖縄知事ら3氏、強い反発 森本防衛相と会談 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小沢元代表:離党判断2日に 衆参50人前後同調か:

« 大飯原発:3号機を起動 「稼働原発ゼロ」2カ月で終了 | トップページ | オスプレイ:沖縄知事ら3氏、強い反発 森本防衛相と会談 »