« 台湾政党"釣魚島は日本領土" | トップページ | 那智の火祭:大たいまつ乱舞 台風被災の復興に願い込め »

2012年7月15日 (日)

カラスの無差別攻撃

小樽市銭函町国道5号線をウォーキング中、カラスが異常興奮し、歩道を通る人々を襲っていた。男性もこの後襲われた。

Dvc00003

歩行者に狙いを定めるカラス

Dvc00005

次の標的は私に移った。

Dvc00007

Dvc00006

来た!写真を撮るのも命がけ(笑)

この時点ですでに3回後頭部へ足蹴りや飛び蹴りをくらい、フラフラ。あまりにも凄い剣幕にただならぬ気配を感じ、道路を見たところ、雛がいた!

Dvc00008

国道5号線は車の往来が激しく、今にも車道に出るのじゃないかと思う程雛は飛ぶことも出来ず、羽根をバタバタさせたいた。私は危ないと思った。助けるべきだ!

雛に近づこうとすれば、二羽で物凄い攻撃を仕掛けてきた。私は思い切って車道を渡り反対側の歩道に寄った。車が2台止まり私を他の車から守ってくれた。止まった運転席を見たところ、女性が感激し拍手をしていた。この間、何度カラスに後頭部を襲われたか分からない。雛を抱きかかえ、歩道の草むらに置いた。

Dvc00009

雛は有難うお兄ちゃんと言っていた。よし!これで大丈夫だ!

Dvc00011

私が助けたことに気付いたカラス。この木の下に}雛を置いた。

カラスは、さっきは攻撃してゴメンよと言っていました。親は、カラスとて人間と同じこと、子供を守るためには死にもの狂いで襲って来るのだ。気にすることないよ、子供を大事に育てなさい。と、言ってその場を離れた。

|

« 台湾政党"釣魚島は日本領土" | トップページ | 那智の火祭:大たいまつ乱舞 台風被災の復興に願い込め »

ウオーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カラスの無差別攻撃:

« 台湾政党"釣魚島は日本領土" | トップページ | 那智の火祭:大たいまつ乱舞 台風被災の復興に願い込め »