« 原発推進秘密会議:司会役がメール削除 隠滅の疑い | トップページ | 社説:原子力規制委人事 「番人」にふさわしいのか »

2012年7月27日 (金)

大津いじめ自殺:市教委の報告書 県教委が再提出を求める

毎日新聞 2012年07月27日 02時30分

 大津市で昨年10月、同級生からいじめられていた市立中学2年の男子生徒(当時13歳)が自殺した問題で、市教委が先週、提出した自殺に関する報告書について、滋賀県教委が「いじめに関する記述が具体的ではなく不十分だ」として再提出を求めていたことが26日、分かった。市教委は近く、確認済みのいじめ行為を追加して再提出する。

 文部科学省は06年の通知で、児童・生徒の自殺や重大事件があった場合、市町村教委に対し、概要を説明した報告書を作成し、都道府県教委を通じ同省へ提出することを求めている。

 市教委は元々、「(男子生徒の遺族から2月に提訴された)損害賠償請求訴訟が係争中」などとして報告書の提出を見合わせていた。県教委から19日に催促され、翌20日、メールでA4判2枚の報告書を提出した。

しかし、報告書は「事件等の経緯」の項目について、「アンケート調査等により、3人の生徒から当該生徒に対していじめがあったことが発覚した」と2行しか記述していなかった。「当該児童生徒に関すること」の項目も、「プロレスごっこなどでふざけあっている場面が何度か見られた。ふざけ過ぎる場面では担任が注意したり、当該生徒に声をかけたりすることが数回あった。その際はいずれも『大丈夫』等の返答であった」との記述しかなかった。市教委は新しい報告書には▽殴る蹴るの暴力▽ハチを食べさせようとする▽顔への落書き−−など同級生らが認めた行為を追加して再提出するという。【加藤明子】

|

« 原発推進秘密会議:司会役がメール削除 隠滅の疑い | トップページ | 社説:原子力規制委人事 「番人」にふさわしいのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大津いじめ自殺:市教委の報告書 県教委が再提出を求める:

« 原発推進秘密会議:司会役がメール削除 隠滅の疑い | トップページ | 社説:原子力規制委人事 「番人」にふさわしいのか »