« 低炭水化物ダイエットご用心…発症リスク高まる | トップページ | 維新「消費税の地方税化」、ブレーン意趣返し? »

2012年7月 8日 (日)

ウナギ高騰、アフリカ産が救う…初の本格輸入

浜松市の商社がアフリカ産ウナギを輸入する。

 養殖用の稚魚の不漁が続き、ウナギの価格が高騰しているためだ。日本鰻輸入組合(東京都)によると、食用として本格的に輸入されるのは初めて。味は日本のウナギと似ているという。

 輸入元は、バイクや楽器の部品などを扱う「昭栄商会」。水産庁によると、日本国内で取れる稚魚のシラスウナギは、2009年には推定で24・7トンだったが、10年は9・2トンに急減。その後も不漁続きで価格が高騰し、加工業者からは「中国、台湾産もどんどん上がり、とても商売にならない」との悲鳴も上がっていた。

 相談を受け、仕入れ先を探していた同社は、欧州向けに「アンギラ・モザンビカ」を養殖しているアフリカ・マダガスカルに注目。日本で一般的に消費されている「アンギラ・ジャポニカ」と種類は異なるが、フランス料理でよく使われ、味も似ているという。

(2012年7月8日11時02分 読売新聞)

|

« 低炭水化物ダイエットご用心…発症リスク高まる | トップページ | 維新「消費税の地方税化」、ブレーン意趣返し? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウナギ高騰、アフリカ産が救う…初の本格輸入:

« 低炭水化物ダイエットご用心…発症リスク高まる | トップページ | 維新「消費税の地方税化」、ブレーン意趣返し? »