« 社説:原子力規制委人事 「番人」にふさわしいのか | トップページ | 日本―スペイン戦、瞬間最高視聴率28・7% »

2012年7月27日 (金)

敗戦のスペイン監督「十分注意していたが…」

優勝候補に挙げられていた「無敵艦隊」が、日本の一撃に沈んだ。

 スペインのミリャ監督は「退場で一人を欠き、追いかけなければならない展開は、スペインのスタイルではなかった」と話し、失点の場面については「CKには十分注意していたが、こういうことは起こってしまう」と、悔しそうに振り返った。

 スペインは、2010年ワールドカップ(W杯)と、今夏の欧州選手権を制した。この23歳以下のチームも「金メダルを取らなければならないという、より大きなプレッシャーの下にあることは十分承知している」と、ミリャ監督は話す。細かいパスをつなぎ、ボール保持率では65%と圧倒したが、シュートは6本となかなかゴールに迫れなかった。特に初戦で、重圧に縛られたところもあったのだろう。

 しかし、もともとスペインは、スロースターターだ。W杯の初戦ではスイスに0―1で敗れ、欧州選手権でも最初の試合はイタリアと1―1で引き分けている。

 ミリャ監督は、「(グループリーグの)残り2戦は、決勝戦のような気持ちで戦わないといけない」と、巻き返しを誓った。(若水浩)

(2012年7月27日11時42分  読売新聞)

|

« 社説:原子力規制委人事 「番人」にふさわしいのか | トップページ | 日本―スペイン戦、瞬間最高視聴率28・7% »

オリンピック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 敗戦のスペイン監督「十分注意していたが…」:

« 社説:原子力規制委人事 「番人」にふさわしいのか | トップページ | 日本―スペイン戦、瞬間最高視聴率28・7% »