« コミックマーケット:初日の人出は16万人 ブースでは2000人が列 | トップページ | 夏季休暇 »

2012年8月10日 (金)

世界の雑記帳:ロシアで教団が10年間の地下生活、子ども20人を保護

2012年08月10日 18時40分(最終更新 08月10日 18時40分)

8月8日、ロシア中部タタルスタン共和国で、約10年にわたり地下で生活していたイスラム系の教団が発見され、警察が子ども約20人を保護した。写真は現場で撮影(2012年 ロイター/Reuters TV)

8月8日、ロシア中部タタルスタン共和国で、約10年にわたり地下で生活していたイスラム系の教団が発見され、警察が子ども約20人を保護した。写真は現場で撮影(2012年 ロイター/Reuters TV)

 [モスクワ 8日 ロイター] ロシア中部タタルスタン共和国の首都カザニ郊外で、約10年にわたり地下で生活していたイスラム系の教団が見つかり、警察が子ども約20人を保護した。地元メディアが報じた。

 地下室は検察当局が8月1日に発見。信者70人が暖房や日光なしで地下生活を送っていたとされる。保護された子どもの多くは地下室で生まれ、日光を見たことがなかったという。17歳の少女は妊娠していた。83歳の教団創設者は自らを預言者だと述べ、警察を追い払おうとした。

 現時点では逮捕者は出ていないが、警察は児童虐待の容疑で捜査を行う見通し。

 *写真を付けて再送します。

|

« コミックマーケット:初日の人出は16万人 ブースでは2000人が列 | トップページ | 夏季休暇 »

海外ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界の雑記帳:ロシアで教団が10年間の地下生活、子ども20人を保護:

« コミックマーケット:初日の人出は16万人 ブースでは2000人が列 | トップページ | 夏季休暇 »