« 尖閣不法上陸の活動家ら7人、民間機で香港へ | トップページ | サッカー女子、世界ランキング3位…米独に続き »

2012年8月17日 (金)

「尖閣、日本は交渉で降伏」中国ネット意見殺到

【北京=関泰晴、香港=吉田健一】沖縄県の尖閣諸島に不法上陸して逮捕された香港の活動家らの強制送還が17日、決まったことについて、国営新華社通信は同日、論評を加えず、事実関係のみ速報した。中国のインターネット上には活動家を「英雄」とたたえる書き込みが殺到。「日本は活動家を巡る交渉で中国に降伏した」との意見が目立った。

 17日付中国各紙は、強制送還になるとの見通しを伝えた中で、「中国内の激しい世論と、政府の積極的な交渉という組み合わせが(日本に圧力をかけるのに)有効なことが実証された」(「新京報」紙)などと指摘していた。

 北京の日本大使館前では17日午前、男性が卵を投げつけるなど、散発的な抗議行動が続いた。ただ、中国当局は大規模な抗議に発展しないよう、大使館周辺で厳戒態勢を取っている。

 一方、香港では、中国政府に近いメディアも批判的なメディアも、「釣魚島(尖閣諸島の中国名)は中国領」との立場で足並みをそろえ、活動家を英雄視する報道が目立った。

 中国系紙では、17日付の「文匯報」が「釣魚島は中国古来の領土で、活動家らの行動は道理にかない合法だ」との社説を掲載。普段は中国政府への批判的な論調で知られる「蘋果日報」も、活動家を「屈強で勇敢な人たち」と表現した。

(2012年8月17日12時05分  読売新聞)

|

« 尖閣不法上陸の活動家ら7人、民間機で香港へ | トップページ | サッカー女子、世界ランキング3位…米独に続き »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「尖閣、日本は交渉で降伏」中国ネット意見殺到:

« 尖閣不法上陸の活動家ら7人、民間機で香港へ | トップページ | サッカー女子、世界ランキング3位…米独に続き »