« 五輪サッカー:「竹島」アピール、韓国協会が謝罪 | トップページ | 夏の高校野球:ルール熟知し、狙っていた追加点 »

2012年8月14日 (火)

日朝協議:4年ぶり再開で調整 今月下旬にも

毎日新聞 2012年08月14日 02時30分(最終更新 08月14日 03時04分)

 政府は13日、戦時中や終戦直後の混乱で北朝鮮に残留し死亡した日本人の遺骨収集や遺族らの墓参を巡り、北朝鮮と政府間協議を行う方向で最終調整に入った。8月下旬にも行われる可能性がある。複数の政府関係者が明らかにした。日朝両国の政府間協議は、拉致問題などを議題に08年8月に中国・瀋陽で行ってから途絶えており、実現すれば約4年ぶりとなる。

 遺骨問題を巡っては、日朝赤十字社の担当者が今月9、10両日に中国・北京で10年ぶりに協議し、遺骨返還を前向きに進めていくことで合意。さらに、両政府に遺骨問題への協力を求めることで一致していた。日本政府は日本赤十字側から報告を受けており、政府間協議の検討に入った。

 日本政府は、遺骨問題での協議を入り口にして、こう着状態が続いている拉致問題解決に向けた局面の打開につなげたいとの狙いがある。金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の体制下で、初めての協議となることから、北朝鮮側の態度の変化に期待している。政府関係者は「遺骨の話だけをやるのか、対象を広げてやるのかの調整が必要だ」と話した。

拉致問題は、小泉純一郎首相が02年9月に訪朝し、金正日総書記と日朝平壌宣言に調印してから来月で10年となる。しかし、日朝間の協議は、08年の実務者協議で合意した拉致問題の再調査について、北朝鮮が打ち切りを一方的に通告したまま途絶えている。これに対し、拉致被害者家族からも、今回の遺骨問題をきっかけに北朝鮮との協議を再開し、拉致問題解決につなげてほしいとの意見が出ていた。【西田進一郎、横田愛】

|

« 五輪サッカー:「竹島」アピール、韓国協会が謝罪 | トップページ | 夏の高校野球:ルール熟知し、狙っていた追加点 »

北朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日朝協議:4年ぶり再開で調整 今月下旬にも:

« 五輪サッカー:「竹島」アピール、韓国協会が謝罪 | トップページ | 夏の高校野球:ルール熟知し、狙っていた追加点 »