« 問責決議案:自公が来週にも参院提出 会期中の解散狙う | トップページ | スマイレージ:「好きよ、純情反抗期。」目いっぱい背伸びした大人っぽいシングル »

2012年8月22日 (水)

五輪ボクシング:村田の判定変わらず ブラジルの要請退け

毎日新聞 2012年08月22日 10時57分(最終更新 08月22日 10時59分)

 ロンドン五輪のボクシング男子ミドル級決勝で村田諒太(東洋大職)がエスキバ・ファルカン(ブラジル)を降した試合について、ブラジル・オリンピック委員会が求めた判定再考の要請を国際アマチュアボクシング連盟(AIBA)が退けていたことが21日、分かった。同委員会関係者が明らかにした。試合は村田が14−13で辛勝した。

 ブラジルのメディアが「主審がミスを犯しファルカンにペナルティーを与えたことを悔やんだと話した」と報道。これを受けて要請があった。AIBAは、主審は誤審をほのめかしたことはなく、再考する十分な証拠もないとしている。(共同)

|

« 問責決議案:自公が来週にも参院提出 会期中の解散狙う | トップページ | スマイレージ:「好きよ、純情反抗期。」目いっぱい背伸びした大人っぽいシングル »

オリンピック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五輪ボクシング:村田の判定変わらず ブラジルの要請退け:

« 問責決議案:自公が来週にも参院提出 会期中の解散狙う | トップページ | スマイレージ:「好きよ、純情反抗期。」目いっぱい背伸びした大人っぽいシングル »