« 五輪バドミントン:「フジカキ」は高校の先輩と後輩 | トップページ | ロンドン五輪:露大統領と英首相そろって柔道観戦 »

2012年8月 3日 (金)

五輪競泳:米のフェルプス 史上初の個人種目3連覇

毎日新聞 2012年08月03日 12時42分(最終更新 08月03日 13時03分)

金メダルを手に笑顔を見せるフェルプス=ロイター

金メダルを手に笑顔を見せるフェルプス=ロイター

 ロンドン五輪、2日の競泳男子200メートル個人メドレーで、北京五輪8冠のマイケル・フェルプス(27)=米国=が1分54秒27で優勝。五輪の競泳男子として史上初の個人種目3連覇を達成した。フェルプスの個人種目金メダルは今大会初めて。フェルプスは記者会見で「もちろん個人で金メダルを取ることができてホッとしたが、3連覇したこともとても特別なことだ」と、前人未到の記録達成を喜んだ。

 フェルプスはアテネ、北京の両五輪で▽200メートル個人メドレー▽400メートル個人メドレー▽100メートルバタフライ▽200メートルバタフライ−−の4種目で2連覇を達成していた。ところが、不振続きだった今大会では7月28日の400メートル個人メドレーは4位、31日の200メートルバタフライも2位に終わり、3連覇達成に「待った」が続いていた。

 この日のレース前、フェルプスは「もし(3連覇が)できたら格好いいな、と思った。でも難しいと思った」という。だが、レースは終始、フェルプスが主導権を握り、チームメートのライアン・ロクテ(米国)に0秒63差を付けて制した。

史上最多となった五輪獲得メダル総数も20個に伸ばした。フェルプスは「ライアンとワンツーフィニッシュできてうれしい。難しかったけど、自分の経歴に記録を追加できてよかった」と笑みを見せ、「明日(3日)は最後の個人種目決勝(100メートルバタフライ)がある。もう次のレースを考えているよ」と気持ちを切り替えていた。【芳賀竜也】

|

« 五輪バドミントン:「フジカキ」は高校の先輩と後輩 | トップページ | ロンドン五輪:露大統領と英首相そろって柔道観戦 »

オリンピック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五輪競泳:米のフェルプス 史上初の個人種目3連覇:

« 五輪バドミントン:「フジカキ」は高校の先輩と後輩 | トップページ | ロンドン五輪:露大統領と英首相そろって柔道観戦 »