« シマヘビに遭遇 | トップページ | 原発事故17カ月:変わらぬ空、恋しく »

2012年8月14日 (火)

天気:前線が南下し大雨に 近畿、関東で120ミリも

2012年08月13日

14日午前9時の予想天気図

14日午前9時の予想天気

 気象庁によると、14日にかけて日本付近に前線が南下するため、全国的に激しい雨となるという。24時間の雨量は多いところで九州北部や北陸で150ミリ、近畿や関東でも120ミリに達するといい、警戒を呼びかけている。

 前線が朝鮮半島から日本海を通って、東北地方へのび、南側には暖かく湿った空気が流れ込んでいる。西日本から東北地方の広い範囲で大気の状態が非常に不安定となっており、局地的に非常に激しい雨が降っているところもある。この前線は14日にかけて本州付近をゆっくり南下、西日本から東北地方では14日にかけて、局地的には雷を伴った1時間50ミリを超える非常に激しい雨が降るという。14日午後6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、九州北部(山口県を含む)、北陸150ミリ▽中国、近畿、東海、関東甲信、東北120ミリの見込み。

 同庁では、低い土地の浸水、河川の増水やはん濫、土砂災害に警戒を呼びかけている。また、落雷や降ひょう、竜巻などの激しい突風にも注意が必要という。【毎日jp編集部】

|

« シマヘビに遭遇 | トップページ | 原発事故17カ月:変わらぬ空、恋しく »

気象・地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天気:前線が南下し大雨に 近畿、関東で120ミリも:

« シマヘビに遭遇 | トップページ | 原発事故17カ月:変わらぬ空、恋しく »