« 北朝鮮:軍利権にメス…資源無許可輸出、死刑も | トップページ | ドラゴンクエスト10:初週42万本販売 オンライン化で前作の6分の1に »

2012年8月10日 (金)

内閣不信任案:衆院本会議で否決…民・自ともに7人が造反

毎日新聞 2012年08月09日 21時55分(最終更新 08月10日 03時07分)

衆院本会議で内閣不信任決議案が否決され、立ち上がり一礼する野田佳彦首相(右)=国会内で2012年8月9日午後7時41分、石井諭撮影

衆院本会議で内閣不信任決議案が否決され、立ち上がり一礼する野田佳彦首相(右)=国会内で2012年8月9日午後7時41分、石井諭撮影

 新党「国民の生活が第一」など中小野党6党が衆院に共同提出した内閣不信任決議案は9日夜の衆院本会議で採決され、民主、国民新両党などの反対多数で否決された。自民、公明両党は野田佳彦首相から早期の衆院解散・総選挙の確約が得られたとして本会議を欠席した。税と社会保障の一体改革関連法案は10日午後の参院本会議で採決され、与党と自民、公明両党などの賛成多数で可決、成立する。

 記名方式で行われた採決結果は投票総数332票(過半数167票)で、賛成86票、反対246票。議長と欠員1を除く欠席は自公両党を中心に146人に上った。

 しかし民主党では小林興起(比例東京)、小泉俊明(茨城3区)両衆院議員が増税反対を理由に不信任案に賛成した。2氏は6月の消費増税法案の採決で反対して党員資格停止2カ月の処分を受けており、この日の本会議に先立ち、樽床伸二幹事長代行に離党届を提出した。党はこれを受理せず、除籍(除名)とする方針だ。また鳩山由紀夫元首相、川内博史氏ら5人が本会議を欠席した(病気欠席の羽田孜元首相を除く)。いずれも体調不良を理由とした欠席を党に届け出ており、党幹部は処分対象としない方針を示した。

一方、自民党も消費増税に慎重な中川秀直元幹事長、強硬論を主張してきた小泉進次郎氏ら7人が本会議場で賛成票を投じた。首相と同党の谷垣禎一総裁、公明党の山口那津男代表は8日の3党党首会談で、一体改革法案の早期成立と、衆院解散・総選挙について「近いうちに国民に信を問う」ことで合意したが、解散をめぐる対立の余波で民主、自民両党が造反者を出す事態となった。自民党は造反者を処分しない方向だ。

 内閣不信任決議案は生活、共産、新党きづな、社民、みんな、新党日本が共同提出。6党を代表して本会議で不信任案の趣旨説明を行ったみんなの党の渡辺喜美代表は「国民の多くは消費増税に反対だ」と民自公3党を批判した。

 一体改革関連法案を審議している参院特別委員会と議院運営委員会は10日午前に特別委の締めくくり総括質疑、昼過ぎに委員会採決を行い、午後の参院本会議で採決する日程を決めた。また民主、自民両党は9日の参院国対委員長会談で、中小野党が参院に提出した首相問責決議案を当面採決しない方針を確認した。【中井正裕、飼手勇介】

|

« 北朝鮮:軍利権にメス…資源無許可輸出、死刑も | トップページ | ドラゴンクエスト10:初週42万本販売 オンライン化で前作の6分の1に »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 内閣不信任案:衆院本会議で否決…民・自ともに7人が造反:

« 北朝鮮:軍利権にメス…資源無許可輸出、死刑も | トップページ | ドラゴンクエスト10:初週42万本販売 オンライン化で前作の6分の1に »