« ロンドン五輪・12日目の注目競技 | トップページ | 五輪サッカー:日本決勝進出ならず メキシコに逆転負け »

2012年8月 8日 (水)

穀物自給率28%

私は、先日間違って賞味期間が2週間過ぎた「きぬ豆腐」を食べたが、味や体調に異常はなかった。このパッケージには消費期限はないことから、消費者は賞味期限の切れたものは捨てるのが殆どである。

世界に目を向けると、餓死で一日4~5万人亡くなっているその内、7割は子どもである。お腹をへらし、お母さんご飯食べたい、食べたいと泣きながら、力つきて死んでいく子どもたち。

日本に目を向けると、穀物の自給率は28%。輸入は7割で年間輸入量は5800万トン。ところが、その内1940万トンも捨てているのだ。その内家庭で捨てるのは1000万トン(11兆円)。この処理費用だけでも2兆円費やしている。

この捨てた1940万トン。毎日3000万食は途上国5000万人分の食料になるのだが、飽食日本は罪深い人種である。

これからTPP加盟国となるであろう日本。そうなれば、さらに食料自給率は低下する。

地球は温暖化が進み。凄い勢いで南極や北極の氷が解けだしているという。また、アフリカ方面では砂漠化が進み、米国やカナダ、オーストラリア、ロシア、中国などで干ばつにより食料の生産に大きな影響が出始めている。さらに米国は56年ぶりの大干ばつに見舞われていると言う。

もし、輸入大国日本はこれらの影響をもろにかぶり、輸入が途絶えたならば、1年後には3000万人が餓死すると言う。

賞味期限に戻るが、食べれるのに何故捨てるシステムになったのか?これには利害関係が大きく係っている。豆腐の賞味期限は7月3日であった。食べた日は7月17日。この豆腐は7月3日で殆ど販売ルートから消えたはずである。輸入商社等は、7月4日から販売する豆腐の原料である大豆を販売ルートに乗せるシステムになっているのだ。よって、7月3日過ぎたものは全て廃棄処分。もし、賞味期間を2週間延ばすと。年間売り上げが大幅な減収となる。賞味期限は、食品の安全にかこつけて商社等が儲かるシステムになっている。

政府は、あらゆる食品の賞味期限や消費期限を今一度見直しをし、余剰食品を途上国の子ども達に行き渡るシステムを構築してはどうか?食品を7割輸入していながら、世界一の残飯大国。その汚名を返上して貰いたい。

|

« ロンドン五輪・12日目の注目競技 | トップページ | 五輪サッカー:日本決勝進出ならず メキシコに逆転負け »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 穀物自給率28%:

« ロンドン五輪・12日目の注目競技 | トップページ | 五輪サッカー:日本決勝進出ならず メキシコに逆転負け »