« いじめ火傷痕多数、学校はその子に自主退学要求 | トップページ | 女子柔道のボス、ボトル投げた男にパンチ一閃 »

2012年8月 7日 (火)

仏紙、福元を「信じられないほど鮮やかな防御」

【パリ=三井美奈】ロンドン五輪サッカー女子準決勝で日本がフランスに勝利したことについて、仏紙パリジャン(電子版)は6日、「激しい試合だった。日本は非常に落ち着いていた」と評した。特に71分、ネシブ選手のシュートを阻止したGK福元選手について「信じられないほど鮮やかな防御だった」と絶賛した。

 フランスは7月の親善試合で日本を破ったことから、国内で準決勝への関心は高く、6日、パリ市役所前に設置された大画面テレビ前には2000人近くが集まり、試合を見守った。

 32分、日本が先制点を挙げると、会場は「おーっ」とどよめいた。後半、フランスが攻勢を強めると、「アレ、アレ(行け、行け)」と叫ぶ人も。試合終了と同時に拍手が起き、双方の健闘をたたえた。パリ市の教員ファビアーヌ・ライエさん(50)は「日本のゴールキーパーはすばらしい。フランスが負けたのは残念だけれど、どちらもよいチームワークを見せてくれた」と話した。

(2012年8月7日10時24分  読売新聞)

|

« いじめ火傷痕多数、学校はその子に自主退学要求 | トップページ | 女子柔道のボス、ボトル投げた男にパンチ一閃 »

オリンピック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仏紙、福元を「信じられないほど鮮やかな防御」:

« いじめ火傷痕多数、学校はその子に自主退学要求 | トップページ | 女子柔道のボス、ボトル投げた男にパンチ一閃 »