« 冨永愛:“二股”封印で新たな「メダル」目指す | トップページ | 第3回 浴衣の着付け〜その3 粋でおしゃれな帯結び「割角だし」 »

2012年8月 1日 (水)

五輪柔道:サウジ代表がスカーフで出場 女子78キロ超級

毎日新聞 2012年08月01日 00時56分

 【ロンドン隅俊之】女子柔道78キロ超級のサウジアラビア代表、ウォジダン・シャハルハニが試合で特殊なデザインのスカーフを着用して出場すると30日、サウジアラビアのオリンピック委員会の担当者が明らかにした。ロイター通信が伝えた。同級は8月3日に行われる。

 国際オリンピック委員会(IOC)と国際柔道連盟(IJF)、サウジのオリンピック委員会が、許容できるデザインのスカーフで合意したという。具体的なデザインは明らかになっていない。

 サウジから初めて五輪に派遣されたシャハルハニは、イスラム教の慣習に基づき、ヘジャブ(イスラム女性が頭髪を隠すスカーフ)の着用を認めるよう要求。IJFは「寝技や絞め技があり危険」として認めず、双方で協議が続いていた。

|

« 冨永愛:“二股”封印で新たな「メダル」目指す | トップページ | 第3回 浴衣の着付け〜その3 粋でおしゃれな帯結び「割角だし」 »

オリンピック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五輪柔道:サウジ代表がスカーフで出場 女子78キロ超級:

« 冨永愛:“二股”封印で新たな「メダル」目指す | トップページ | 第3回 浴衣の着付け〜その3 粋でおしゃれな帯結び「割角だし」 »