« 埼玉いじめ、両親心配させたくないと救い求めず | トップページ | 石原知事"竹島しようがない" »

2012年8月11日 (土)

中3作業死、日当隠し「職場体験」とウソ…学校

栃木県足利市の市立西中3年の男子生徒が群馬県桐生市で工事作業中にけがを負い死亡した問題で、同中が足利市教委から「日当をもらうのは職場体験としては不適切」と注意されていたにもかかわらず、これを聞かずに働かせ続けていたことが11日、分かった。

 同中や市教委などによると、工事をしていた群馬県の解体業者の下では、死亡した石井誠人君(14)の同級生の少年(15)が5月下旬から働き始めた。同中は6月に少年が日当を得ていることを知ったが、7月上旬に市教委に対し、日当の存在を隠して「5月から解体業者で職場体験しているが、今後も水曜日から土曜日まで体験させる」と報告。市教委は、平日に学校を長期間休み、工業的な業務に従事することを把握したが、日当がないため職場体験と判断した。

(2012年8月11日18時30分  読売新聞)

|

« 埼玉いじめ、両親心配させたくないと救い求めず | トップページ | 石原知事"竹島しようがない" »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中3作業死、日当隠し「職場体験」とウソ…学校:

« 埼玉いじめ、両親心配させたくないと救い求めず | トップページ | 石原知事"竹島しようがない" »