« Qちゃん「練習量が少なくなった」…日本勢惨敗 | トップページ | 金メダル「こだわらない」…中国選手が次々発言 »

2012年8月 6日 (月)

マリーがフェデラー下す…英国勢104年ぶり金

ロンドン五輪のテニスは5日、男子シングルス決勝が行われ、アンディ・マリー(英)が第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)を6―2、6―1、6―4で下し優勝した。

 英国勢の男子シングルスの金メダルは最初のロンドン五輪が行われた1908年以来、104年ぶり。

 マリーは今年のウィンブルドン選手権決勝でフェデラーに敗れており、その雪辱も果たした。

(2012年8月6日00時23分  読売新聞)

|

« Qちゃん「練習量が少なくなった」…日本勢惨敗 | トップページ | 金メダル「こだわらない」…中国選手が次々発言 »

オリンピック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マリーがフェデラー下す…英国勢104年ぶり金:

« Qちゃん「練習量が少なくなった」…日本勢惨敗 | トップページ | 金メダル「こだわらない」…中国選手が次々発言 »