« 泉谷に韓国歌手"歴史教える" | トップページ | 庭に咲く野草 »

2012年8月24日 (金)

知事、県教委に「ウミ出し切れ」中3作業事故死

栃木県足利市立西中3年石井誠人君(14)が群馬県桐生市で工事作業中の事故で死亡し、同中が事実上の就労を容認していた問題について、栃木県の福田知事は21日の定例記者会見で、「県教委に『うみを出し切れ』と指示した」と、原因究明などを徹底させる考えを示した。

 知事は冒頭、「この事故でかけがえのない中学生の命が失われたことは誠に残念の極み」と述べた。

 また、全ての公立中学校と県立特別支援学校を対象に中学生のアルバイト就労に関する調査を始めた県教委に対し、「足利市教委の調査を踏まえて今後の対応をきちんと行っていくこと、このようなことが二度と起きないよう、しっかり対応することを指示した」と明らかにした。

(2012年8月22日14時03分  読売新聞)

|

« 泉谷に韓国歌手"歴史教える" | トップページ | 庭に咲く野草 »

いじめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 知事、県教委に「ウミ出し切れ」中3作業事故死:

« 泉谷に韓国歌手"歴史教える" | トップページ | 庭に咲く野草 »