« 巡視船がいて、まさか上陸されるとは…石垣市長 | トップページ | 陛下、訪問したがっている…李大統領発言を訂正 »

2012年8月16日 (木)

韓国配慮の外交、立て直す時期…安倍元首相

天皇訪韓をめぐる李明博

)

韓国大統領の発言について、与野党からは15日、批判の声が相次いだ。

 自民党の古賀誠元幹事長は15日、都内で記者団に「遺憾の一言に尽きる。大統領の発言で日韓関係がいい方向に向いていくとは到底思えない」と懸念を示した。安倍元首相は「韓国への配慮に重きをおいた外交を、反省を込めて立て直す時期を迎えているのでないか」と語った。

 民主党の菊田真紀子外務部門会議座長は、「天皇陛下の外国ご訪問は、その国との友好関係の増進のためであり、歴史問題とリンクさせることは適当でない」と取材に語った。

 日韓両国の冷静な対応を求める意見も出ている。公明党の山口代表は記者団に「政府は今のところ冷静な対応に努めようとしているように思える。双方が(批判を)エスカレートすることは避けるべきだ」と述べ、両国がナショナリズムをかきたてるような事態は避けるよう求めた。社民党の福島党首は「(隣国との)緊張関係が高まれば、東アジアの平和にとって極めてマイナスだ。日本政府は説得や外交で頑張るべきだ」と語った。

(2012年8月15日23時22分  読売新聞)

|

« 巡視船がいて、まさか上陸されるとは…石垣市長 | トップページ | 陛下、訪問したがっている…李大統領発言を訂正 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国配慮の外交、立て直す時期…安倍元首相:

« 巡視船がいて、まさか上陸されるとは…石垣市長 | トップページ | 陛下、訪問したがっている…李大統領発言を訂正 »