« 中国外務次官、14人の即時無条件釈放を要求 | トップページ | 「囲まれている」「上陸成功」…サイトで実況 »

2012年8月16日 (木)

中国公船、尖閣付近の接続水域を一時航行

15日午後11時10分頃、沖縄県石垣市の尖閣諸島・久場島から北北西約44キロの接続水域(日本領海の外側22キロ)内を中国公船「海監50」が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。

 第11管区海上保安本部(那覇市)によると、巡視船が無線で目的を確認したところ、「正当な業務を行っている」と応答があったという。

 公船は接続水域内を南に進んだが、16日午前0時頃、久場島の北北西約34キロで反転、約35分後に同水域から離れた。

(2012年8月16日02時24分  読売新聞)

|

« 中国外務次官、14人の即時無条件釈放を要求 | トップページ | 「囲まれている」「上陸成功」…サイトで実況 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国公船、尖閣付近の接続水域を一時航行:

« 中国外務次官、14人の即時無条件釈放を要求 | トップページ | 「囲まれている」「上陸成功」…サイトで実況 »