« ロンドン五輪・8日目の注目競技 | トップページ | 高島礼子さん 臨機応変を心がけ 「マダガスカル3」で声の出演 »

2012年8月 4日 (土)

五輪柔道:吉村委員長「進退伺出す」 「監督はもう一期」

毎日新聞 2012年08月04日 10時46分(最終更新 08月04日 10時55分)

 ロンドン五輪の男子柔道で史上初めて金メダルなしに終わったことについて、全日本柔道連盟の吉村和郎強化委員長は3日、「進退伺を出すしかない」と述べた。ただし、男子・篠原信一、女子・園田隆二両監督の進退については「2人とも五輪は初めて。この経験を踏まえてもう1期続投させたい」との考えを示した。

 柔道の競技が終わった後に取材陣に応対した。敗因について、吉村委員長は「選手の詰めが甘い。練習を積んだのに、本番で勝ち急ぎ、自分の状況を分かっていなかった」と感想を話した。一方、今後の体制について、全柔連の上村春樹会長は「これから(4年後の)リオデジャネイロ五輪に向かってどうやって戦うかを検証していく段階だから、何も分からない」と述べ、白紙を強調した。【百留康隆】

|

« ロンドン五輪・8日目の注目競技 | トップページ | 高島礼子さん 臨機応変を心がけ 「マダガスカル3」で声の出演 »

オリンピック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五輪柔道:吉村委員長「進退伺出す」 「監督はもう一期」:

« ロンドン五輪・8日目の注目競技 | トップページ | 高島礼子さん 臨機応変を心がけ 「マダガスカル3」で声の出演 »